痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。佐倉市の腰痛専門整体院ぱんだ整体院。予約は043-463-6266
2018-09-03

頚椎症で手術を勧められました!なぜ?


頚椎症で手術を勧められました!なぜ?

 

「病院で頚椎症で手術を勧められています。でも知り合いが頚椎の手術をしてから悪くなったのでしたくないにのです」

そう言うIさん。

頚椎症と診断されたIさんは、なぜ手術を勧められているのでしょうか?

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。

今日は、頚椎症と手術についてお話します。

手術が必要な場合の時もある頚椎症性脊髄症

頚椎症とは、頚部の痛みなどの症状をまとめて呼んでるものです。

頸椎症の中でも、病院の先生が手術を勧めるのが「頚椎症性脊髄症」と診断された患者さんです。

「頚椎症性脊髄症」とはどんな状態なのでしょうか?

年齢とともに首の骨の形が変わり骨棘が出てきます。

首の骨と骨をつなげている靱帯も硬く厚くなってきます。

それが脊髄神経を圧迫して、痛みやシビレそして運動障害まで出てきます。

よくある症状は、両手両足のシビレ。

手に力が入りにくくなり、箸やボタン掛けや字を書くなどの細かい作業が出来なくなってくる。

階段を降りる時に力が入りにくくて、降りるのが恐いという歩行困難が出てきます。

頚椎ヘルニアや頚椎症神経根症では、こういう症状は少ないです。

Iさんは、頚椎症としか覚えていなかったのですが、手術を急いで勧められるケースは「頚椎症性脊髄症」の場合になります。

放っておくと歩く事も出来なくなり、そこで手術をしても回復が難しいからなのです。

「頚椎症性脊髄症」は、寝たきりになる可能性がある病気だと知って下さい。

でもIさんの場合

今、急いで手術をする必要はあるのでしょうか?

頚椎症の手術が必要なケースは?

まずはMRIの画像検査だけでの判断は出来ません。

MRI画像検査で、頚椎の部分で実際に脊髄がつぶれて写っていても、症状が出ない人もいます。

なので首の手術は、症状の進行や経過を見てから判断していかなければなりません。

先生から

「すぐに手術をしましょう!」

と言われてその場で手術を決めないで、セカンドピニオンを受けることをお薦めします。

私が診てきた患者さんで、首の手術後に症状がなくなったのに、しばらくしてから悪くなっていく方を何人か診てきました。

手術後に症状がなくなり、手術は上手くいったのに、その後になぜ悪くなってしまったのでしょうか。

これは今まで25年間患者さんを診てきたなかで、私個人の考えになりますが、

「体を切ることで、体の圧力が抜けて圧迫してたものが減圧して症状がなくなり、術後に徐々にまた体の圧力が増えてきて圧迫がおきているのではないかと」

と思っています。

手術後に症状はなくなり良かったのですが、また体の中の圧力が増してきて、神経を圧迫し刺激されて症状が出てくるのではないかと思うのです。

手術で頚椎の骨を広げて、脊髄の通り道が良くなり物理的にそこは改善されているはずです。

でも手術で筋肉を切って筋膜が切れ、縫った場所は筋膜の癒着が起きて頚椎の動きは悪くはなります。

その事で体の圧力が増し、体の不具合が出てくることがあるのです。

とくに高齢の方に多いです。

「手術後は良かったのに、そのうちに歩くのが出来なくなってきた」

と言います。

でもそれは手術が失敗したのではありません!

術後は体のケアをしていかないといけないのです。

なのでなるべく手術はせずに、首の状態が改善できる方法でやっていくのがいいのです。

でも中には手術を急ぐ方もいます。

症状がどんどん悪化している方です。

それは3つあります。

手の動きがどんどんぎごちなくなっていく

足の力が入りにくくなるのが日に日に悪化していく

尿や便が出にくくなる膀胱直腸障害がある

このような場合は手術を急ぐ必要があるので知っておいて下さい。

Iさんの場合は、歩行障害と膀胱直腸障害はなく手の症状が何年も同じ状態なので、手術よりも保存療法のほうがいいと思われます。

頸椎症で整体・カイロプラクティックは効果があるのでしょうか?

これに関しては、病院の先生は「頸椎症で、整体・カイロプラクティックは絶対に受けない方がいい」といいます。

これは、私も半分同感です。

私はカイロプラクティックの学校を出ています。

ちゃんとしたカイロプラクティックの学校では、まず頚椎がどれだけ危ない場所かを学びます。

でもなかにはいい加減な学校も多く存在します。

知識も経験もない人が整体・カイロプラクティックをやっているのもたしかです。

「頚椎症性脊髄症」という病気を知らないで首を触っている人もいます。

それは病院の先生からしたら「整体・カイロプラクティックは危ない」と言いますよね。

「頚椎症性脊髄症」の患者さんの首を無理に牽引したり、ひねったりしたら急激に悪化するのです。

実際、そういう施術事故がおきています。

「それじゃ、カイロプラクティックは効果はないのですね」

と思われますが

そんなことはありません!

体の圧力が抜ければ症状が減少していくのです。

それは首を触らなくても出来るのです。

私の中で、体の溜まった圧力を抜く方法が、体の歪みを直し、体の重心を真ん中にすることで体の軸のブレがなくなって筋肉の負担がなくなり、圧力が抜けやすい体にすることが出来ます。

首を押したり揉んだりしなくても、体の重心を真ん中にもっていくことで、体の圧力が抜けてきて首でおきている圧迫が減少していくことが可能です。

減少することで、症状が改善していくことが出来るのです。

首を触らずに、首の痛みが取ることは出来ます!

なにか悩んでいることがあればお気軽に相談して下さい。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266