痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。佐倉市の腰痛専門整体院、ぱんだ整体院。予約は043-463-6266

腰痛と闘う25年の物語

道場で出会ったカイロプラクティックが全ての始まりでした。

ぱんだ整体院 院長 安井 真一
ぱんだ整体院 院長 安井 真一

25年前、町の空手道場で

道場の先輩が僕の腰をひねり、ボキッ。その時初めて受けたカイロプラクティックに出会った衝撃は今でも覚えています。
僕はその頃まで「カイロプラクティックって何?」初めて聞くものでした。それを受けるきっかけになったのは腰痛です。

空手着

10代の頃から始めた極真空手、「全国大会に出る」という目標もってその頃は、学校の通学にトレーニングがてら自転車で片道2時間かけて毎日通学をしていました。

あるとき、自転車を乗っているときに腰が痛い!と感じてから椅子に座っているのも辛くなり、運動どこらか日常生活でも腰痛で苦しみました。接骨院で電気を当てに通っていましたが、腰痛は良くはなりません。「もう、空手の稽古は無理!」

さすがにどうにもならなくなり、長期の休養を言いに道場に行ったとき、先輩が現れました。
「その腰痛ならカイロプラクティックで良くすることが出来るかも」
「えっカイロ・・・お願いします!」

何をやっても良くならない、痛くて椅子に座っていられない、この腰痛が良くなるのなら何でもして下さいという気持ちでした。

これが腰痛の治療?

まず、腰を動かして検査して「ここが動き悪いね」と言い横に寝かせられたら突然、腰をひねりボキボキ!
その時、痛みはなく腰の音が大きくなり驚きました。
「はいこれでいいよ、また来てね」

院長 安井 真一

良くなったの?
しかし家に帰って座っていると腰が痛い!
最初は「本当に良くなるの?」と疑問に思いながら通いましたが、「あれ???受ける度に痛みが減っていく!」
座っても大丈夫、自転車も乗れる、嘘の様に腰の痛みがなくなり、大喜びしました。

それからカイロプラクティックに興味を持ち、「これは素晴らしい、自分でもやってみたい!腰痛で苦しんでいる思いをなんとかしたい!」と決心し、先輩に相談しカイロプラクティックの道に進むことを決意しました。

カイロプラクティックの学校に入学

日本で最大のカイロプラクティックの学校である、村上整体専門医学院に入学し、解剖学、運動学からカイロプラクティックの本場であるアメリカまで行き、人体解剖実習と実技セミナーと2年間カイロプラクティック漬けでした。

その頃思ったのは
「カイロプラクティックは難しいから2年間では無理!」
技術の難しさを知ったのです。

ぱんだ整体院 安井 真一

今では、少し習っただけで整体・カイロをやられる方もいますが、僕にとってはそれは不思議でなりません。それだけの知識で、人の体を触るなんて恐くて自分なら絶対出来ません。

そこで「学校付属の腰痛センターグループに就職してもっと勉強したい!」と決心し、インターン先でお世話になった治療院の院長にお願いして就職が出来ました。自分が本当に運が良かったと思うのは、腰痛センターの本院である村上整骨院に入れたことです。

腰痛センターグループの本院で修行

村上整骨院は柏市にあり、村上整体専門学校の村上理事長が最初に開院された30年以上続く有名な整骨院でした。

毎日、たくさんの人が来院されていました。院長から熱い指導をしてもらい、毎日怒られていた記憶があります。そのおかげか施術に対して自信を持って出来る様になってきたのです。

院長 安井 真一

院長が辞められたとき
「次の院長は安井がやれ」2年で実力が認められたのです。
「ついに村上整骨院に院長になることが出来きた!」と院長になって喜んだ矢先にある壁が・・・

重度の症状は院長が診ることになります。
その頃はカイロプラクティックに自信を持ち始めていたのですが、ある日、何も出来ないぐらい腰痛がひどい患者様が来院されました。今までやってきたカイロプラクティックの技術が使えないのです。

「ど、どうすればいいんだ、でも院長の俺がなんとかしないと・・・」

真っ直ぐ立てない、うつ伏せに寝られない、仰向きも無理、カイロプラクティックの検査が全くできないのです。
とりあえず、電気を当てその日はそれで帰しました。

「何もできない!悔しいから明日も来る、どうすればいいんだ」
院長は自分です。聞ける人は村上理事長しかいません。
さっそく聞きに行きました。

筋膜?違うカイロプラクティックを知る!

「それは筋膜でやればいいんだよ」
「筋膜??」最近、テレビで有名になった筋膜ですが、その頃20年前に筋膜を言っていたのは村上理事長だけでした。
当時、日本テレビの「おもいっきりテレビ」に出演され、みのもんたさんに「筋膜」を説明していましたが、その時はまだ「筋膜」が広まらなかったのです。

20年以上前に、村上理事長が「筋膜」に目をつけた理由は、「カイロプラクティックはアメリカが本場で、日本人の体に合うカイロプラクティックが必要なのではないか」そこから「筋膜に着目したのです。

ぱんだ整体院 安井 真一

それを聞いて、「そうか、ボキボキ鳴らすだけがカイロプラクティックではないのか。明日からやってみよう」

昨日なにも出来なかった患者様を30分も体を触ることが出来ました。そして、それを毎日毎日続けました。受ける患者様も根気がいたと思います。

毎回「う~、痛っ!」と言いつづけながら施術を受けていましたから。

すると来院される度に腰が伸びてきて、最後は全く痛みがなくなるまでになったのです。
「骨の矯正は筋膜からも出来る!」
その頃から、今までやってきたボキッとするカイロプラクティックから「筋膜」のカイロプラクティックに変わっていきました。

9年間の村上整骨院に卒業し、H16年「京成臼井」で開業

院長を務めて7年、治療院が村上理事長の住まいの下というのもあって、直接、理事長からの指導もよく受けました。
それは貴重な経験をさせて頂きました。
今でも村上理事長にはずっと感謝しています。9年間たくさんの施術経験、施術人数をこなしてきたことが自信にもなり開業を決意しました。

院長 安井 真一

実は、佐倉市はほとんど知らない場所でしたが、H16年「京成臼井」に開院しました。今では佐倉市から多くの方々にお越し頂けるようになり、八千代、四街道、印西からもいらして頂けるようになりました。

本当に皆様のお陰と感謝しております。患者様や、その方のご家族・ご友人を紹介して頂いた方が、当院に来られて笑顔で帰っていかれる姿を見て嬉しく幸せを感じている毎日です。これからも皆さまの健康や活躍が維持できますように、お手伝いさせて頂ければ幸いです。

カイロプラクティックに出会ってから25年、まだまだ腰痛への挑戦は続きます。患者様の痛みや悩みの解消に重点を置いて、日々の施術・研究に取り込んでいきます。

あの頃の初心を忘れずに「ぱんだ整体院」は今日も元気に開院します。「腰痛をなんとかしたい」と思っている貴方とお会いできることを願って。

【ぱんだ整体院 安井 真一】

あなたの健やかな笑顔のために

辛い腰痛の痛み、我慢しないでくださいね

今なら特別価格でお試しいただけます!ぱんだ整体院 お試しキャンペーン

お申し込み・お問い合わせは今すぐこちらから

電話043(463)6266

メールでのお問い合わせはこちらから

ご予約はこちら 043-463-6266