2019-09-24

テレビでやっている腰痛体操で治すことは出来ますか?・・・

テレビでやっている腰痛体操で治すことは出来ますか?・・・

腰痛でお悩みのKさん

Kさんにいろいろとお話を聞くと、昔から腰痛があり、テレビなどで「腰痛」と書いてあれば欠かさず見て、腰痛に良いといわる体操やストレッチは毎日必ずやっているそうです。

それでも最近、腰と脚が痛くて歩くのがツラくなったと言います。

Kさんに

「腰痛体操をやっても腰痛が全然良くなりません。それどころか最近痛みは強くなっています。自分で腰痛はなんとか出来ないのでしょうか?」

と聞かれました。

私は「その腰痛体操をやっていて、心地良い感じまたは気持ちいい感じがありますか?それがあれば効果はありますが、それを感じないと効果ありません。」と言いいました。

腰痛を治すために毎日頑張ってるKさん、なぜ良くなるどころが悪くなってしまったのでしょうか。

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。

今日は、腰痛体操についてお話します。

腰痛体操で余計に悪くしているのは?!

今は、テレビで腰痛の健康番組とか結構やっていますよね。

腰痛がある方は、そういった番組は欠かさず見ているみたいです。

番組では腰痛体操をして、その場で「腰が変化して驚く」みたいな感じで放映されることがあります。

そんなに変わるのなら、ためしにやってみますよね。

でも皆さん、テレビを見て実際にやってみるのですが番組みたいにすぐに変わる方は、少ないと思います。

その腰痛体操が悪いわけではないのですが、その人に「合う」「合わない」と「やり方」もあるのだと思います。

Kさんに聞いてみると、「腰痛」の番組で歩く時に「足の指を使って歩くのがいいい」とやっていたのを実践してやっていたそうです。

それは足の指が浮いてくる「浮き指」のことをやっていたのだと思います。

足の指を使って歩かないと、「浮き指」になり、腰痛や膝の痛みにも関係してくると番組でやっていたので、Kさんは治す為に頑張ってやっていたそうです。

でもウォーキングをしていたら、急に脚に強い痛みが出てきたそうです。

痛くなった原因は、無理に足の指に力を入れて歩いていたのが考えられます。

足の指に力を入れて歩くことは、脚全体にも力が入り動きがぎこちなくなるので、体全体が不自然な動きなり、これを長時間続ければ悪く出てくるはずです。

 

腰痛体操で大事なのは、無理をしないこと。

終わったあとに力が抜ける感覚が出てくること。

それをやっていて「気持ちいい」「心地良い」があるかが大切になっていきます。

「無理にやっている体操」は体の動きを悪くしてしまう可能性があります。

無理にやっている体操は、体に力が入り、体の動きが止まってしまい、全体の動きまで悪くなってきます。

腰痛は、体の動きを良くしないと改善出来ません。

頑張ってやっている腰痛体操は効果がない?!

まずはテレビや本などでやっている腰痛体操をやるときのポイントは、「やっていて力が抜ける感じがする」という感覚があるかどうかです。

腰痛は、人によって様々な原因があります。

テレビの腰痛体操をやって良くなる方もいれば、また体操をやって悪くなる方もいます。

よく腰の筋肉を鍛えれば、腰痛は良くなると言われていますが、体を鍛えている人で筋肉がある方でも腰痛をもっています。

ストレッチをして柔らかくすれば腰痛は良くなると言われますが、ものすごく体が柔らかい人でも腰痛はあるのです。

なので、一概にこの体操で全ての腰痛が良くなるとは言えないのです。

まずは、自分でやっていて心地良い、気持ちいいという感覚がるものを続けてみて下さい。Kさんの場合、腰痛を良くしたい一心で頑張っていろいろやっていたそうです。

私が「今までいろいろやっていた体操で気持ちいい感覚はありましたか」

と聞いたら

「それはありません。ただ毎日続ければ腰が良くなると思って頑張ってやっていました」

「腰痛体操は、頑張らないのがポイントです。今度は頑張らないでやって下さい」

そう言うと驚かれました。

これは本当に大切なのです。

気持ちいいこと、心地良いことをするのに頑張りますか?

温泉に入るときに、頑張りますか?

腰痛の原因は固まってしまった筋肉です。

固まった筋肉を無理に伸ばしたり、強引にマッサージをすれば痛めます。

筋肉をゆるめるには、力を抜くことが大切です。

それはリラックスをすることなのです。

腰痛体操をしていて「力が抜ける感覚」がないと、筋肉はゆるまないのです。

なので頑張らないで力を抜いてやるのがポイントなのです。

 

腰痛体操は「気持ちいい」感覚が大切!

楽しく脱力してやっていくことが腰痛に大切になります。

腰痛に関しては、「頑張って鍛える」「頑張って伸ばす」は効果は得られないまたは逆効果になる方もいるのです。

大事なのは、腰をゆるめるには心もゆるめないとダメと言うことです。

「こんなに頑張ってやっているのに全然良くならない」と思ってやっていたら絶対にゆるむことはありません。

それどころか、どんどん固くなっていくことも考えられます。

「腰痛はまだ良くならないけど、体はゆるんでなんか気持ちいいなあ~」

こんな感覚があれば、それを続けていけば腰は良くなる可能性はあるのです。

体操は、「やらなくていけない」ではなく「やりたいなあ」と思うことが大切です。

是非、心と体がゆるむものを続けてみて下さい。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266