痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。佐倉市の腰痛専門整体院、ぱんだ整体院。予約は043-463-6266
2018-04-10

ぎっくり腰の改善には腰のマッサージはいいの?

ぎっくり腰の改善に腰のマッサージいいの?

ぎっくり腰になった新患Kさんが来院されました。

「昨日急に腰が痛くなって、○○整骨院に行ってきたけど、痛い腰を全然押してくれないの。こちらでは腰を押してくれるかしら」

「Kさん、早く改善したいのなら腰はマッサージしないほうがいいですよ」

「えっ!腰が痛いのに」

ぎっくり腰は腰をマッサージしないほうが早く改善出来るのです。

なぜでしょうか?

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。

今日は、ぎっくり腰とマッサージについてお話をします。

 

ぎっくり腰で腰をマッサージをして改善するのは、ほんの一部です

話を聞くと、以前ぎっくり腰になった時に腰をマッサージしてもらったら痛みがなくなって改善したそうです。

それなら、腰を押してもらいたい気持ちは分かります。

でも知ってますか?

ぎっくり腰と言っても、原因がそれぞれ違うということを。

急に腰に痛みが出たから、全部同じとは限らないのです。

原因が筋肉、関節、椎間板で痛む場所も違います。

最初に、「グキッ」ときて腰に痛みが出て動けなくなるのは同じでも、原因はそれぞれ違いがあります。

Kさんの場合の腰をマッサージをしたら痛みがなくなったケースは、関節の問題が関係している場合が多いです。

これは急に椎間関節や仙腸関節が固まり腰が動かなくなるケースです。

この場合は、腰をマッサージをしたり腰を捻ったりして伸ばすと改善することが多いのです。

実はこのぎっくり腰、痛くても無理に動いていたら痛みが消えていくこともあります。

マッサージをしなくても次の日に痛みが引いてしまうこともあるのです。

でもこれは、僕が診てきた中でぎっくり腰の2~3%になると思います。

Kさんが前回のぎっくり腰をしたのがこれだと思います。

 

多くのぎっくり腰の原因は、筋肉が問題で起きるケースで、この時に腰の筋肉をマッサージをして、腰の筋肉をゆるめると悪化して動けなくなることが多いのです。

見分けは、腰痛検査をいろいろとしていくので専門家でないと難しいと思います。

症状の重い、軽いだけでは見分けは出来ません。

なのでとりあえず、ぎっくり腰になったら安易に腰をマッサージをしないほうがいいいでしょう。

ぎっくり腰になった時、腰のマッサージをすると悪くなるの?

実は自分も昔にぎっくり腰をしています。

その時は、そんなに酷いぎっくり腰ではなくて、前かがみになる時に痛みが出るぐらいでしたので、仕事は休まなくてコルセットを強く巻いてなんとかやりこなしていました。

ストレッチなどをして伸ばしていたのですが、3日経っても良くなる気配がありません。

自分で腰を押すと、そのまわりの筋肉はかなり固くなっていたので、腰をマッサージすれば良くなるのではないかと思いマッサージを受けました。

腰の固くなっている場所を押してもらうと、痛気持ちよくて腰痛が改善する感じがしました。

固くなっている場所をマッサージしてもらうと気持ちいいですよね。

グイグイ強く押してもらいました。

終わったあと

「気持ちよかった~なんか腰が軽い感じがする。これで腰痛が改善するな」

と思いました。

しかし、

その次の日の朝起きて、トイレに行こうと起き上がろうとしたら、腰が痛くて起き上がれないのです。

起き上がっても歩くと腰が痛くて歩くのもやっとでした。

その日は1日腰痛で苦しみました。

息を大きく吸うだけで痛みが走りましたから。

 

なんでこんなことになってしまったのでしょうか?

筋肉性のぎっくり腰は、体のバランスが崩れている時にちょっとした動きで腰の筋肉を痛めてしまいます。

その時に痛めた筋肉を守る為に、腰の回りの筋肉が緊張して固まり、腰を動かなくさせているのです。

その筋肉を無理矢理、マッサージをしてゆるめたので腰の筋肉に力が入らなくなり、体が支えられなくなり余計筋肉が緊張してしまったのです。

こうなると、一度寝て起き上がる時はかなり辛いです。

 

僕の場合、そんなにひどいぎっくり腰ではなかったのでこれぐらいで済んだのですが、これがひどいぎっくり腰ならマッサージを受けてその場で起き上がれなくなり家に帰れなくなることもあるのです。

 

なのでぎっくり腰を早く改善させるには、まずは腰のマッサージはしないことです。

 

ぎっくり腰を早く改善させるには

ぎっくり腰の原因は、体のバランスの崩れです。

だからその崩れを直して行けば早く改善できるのですが、バランスの崩れの要因は個人個人違うのです。

ぎっくり腰の原因の例を紹介します。

例えば、

腕を酷使していませんか?

腕の張りから体のバランスが崩れます。

脚は疲れてませんか?

脚の張りからの原因もあります。

最近、暴飲暴食はしていませんか?

内臓の疲れから腹部の張りからもでます。

寝不足は続いていませんか?

全身疲労からもあります。

ストレスが溜まっていませんか?

顎の筋肉が緊張してもなります。

その時に体のバランスが崩れて、ちょっとした動作でぎっくり腰は引き起こします。

心当たりがある人は、ぎっくり腰をきっかけでそこの生活習慣を直したりすることも必要ですね。

 

「それよりも、明日仕事が休めないから何とか早くぎっくり腰を改善したいんだよ」

と思うのはみんなそうですよね。

だからって無理に腰痛体操をする、腰を押すのは逆効果になるので気をつけて下さい。

まずは、

立てるぎっくり腰なら歩いて下さい。

ぎっくり腰をしたその日からです。

途中、座れて休める場所がある所がいいですね。

座って休んで歩く、座って休んで歩くを繰り返します。

1日、家で横になっているよりもギックリ腰の改善が早くなります。

真っ直ぐ立てないぎっくり腰、もしくは立てないぎっくり腰は横向きで1日安静をし、次の日に歩くのを挑戦してみて下さい。

歩くことで体のバランスを整える効果があるのです。

それでも良くならない、それかもっと早く治したいのなら専門家に診てもらったほうが早くぎっくり腰は改善はしていきます。

「カイロプラクティックは腰を捻ってボキボキするので危ないでしょう」

と言われますが、

捻ってボキボキするのは、カイロプラクティックのほんの一部のテクニックであって、カイロプラクティックは十何種類とテクニックがあるのです。

症状や体の状態で使い分けているので、安心して下さい。

1日家で安静でしているよりも、受けたほうが早く改善はしていきます。

ぎっくり腰は動けなくなり本当に辛いです。

「湿布をして痛み止めを飲んで安静にしているのに良くならない!これ良くなるの?」

と不安になると思いますが、しっかり治していけば再発も防げます。

不安に思っている方は早く専門家や病院に行って診てもらって下さいね。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266