痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。佐倉市の腰痛専門整体院、ぱんだ整体院。予約は043-463-6266
2018-03-19

コルセット(腰痛ベルト)は腰痛予防を出来る?

コルセット(腰痛ベルト)腰痛予防出来る?

腰が痛くて病院に行くと、腰痛コルセットの購入を勧められることがありますよね。

たしかにコルセットをすると腰が安定して動けるので楽にはなります。

でもそのコルセットをいつまでも着けていませんか?

コルセットが腰痛予防になると思って着けていませんか?

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。

今日は、コルセットを着けることが「腰痛予防になるのか」についてお話します。

 

 

 

コルセットを腰痛予防の為にいつも着けている方は多いです

 

先日、来院されたMさん81才の方ですが、

50才の頃にギックリ腰を何度も繰り返してから、コルセットはいつも着けているとのことです。

ギックリ腰は、重い物を持ち上げなくてもなります。

下の物を取ろうと少し前屈みになった瞬間に「ズキッ!」と腰に痛みが走り、そこから動けなくなる程強い腰痛が出てきます。

なった人は分かりと思いますが、本当に痛くてツラいですよね。

寝て起き上がる時なんか、痛くて起き上がるまで一苦労だし、立っていても痛みで脂汗が出るほど。

やっと治ったと思ったら、またギックリ腰をしてしまう。

少し物を持っただけなのに・・・

それを何度も繰り返すと、怖くなり予防の為にコルセットを常に着けてしまうのです。

Mさんもそうでした。

ギックリ腰が癖になり、少し中腰で作業したり、ちょっと庭仕事したらすぐにギックリ腰になる。それを繰り返しをしてたそうです。

病院で腰痛コルセットを勧められ、コルセットを着けてから以前程のギックリ腰は出なくなったそうです。

それから、コルセットが手放せなくなっているそうです。

結構いるんですよ、繰り返す腰痛からコルセットをずっと着けている方。

はたして腰痛予防にはなっているのでしょうか?

「前よりもギックリ腰がなくなったなら、コルセットは腰痛予防にいいじゃないか」

と思いますよね。

いいえ、腰痛予防にはなっていません!

「でもなんでコルセットを着ければ、腰が楽なに予防にならないの?」

と疑問に思いますが、

実際、腰痛予防にはなっていないのです。

 

 

コルセットを着ければ腰痛が楽なのになぜ予防にならない?

 

なぜ腰痛の時にコルセットを着けたら楽になるのでしょうか?

まずはそこからお話します。

重量上げの選手が、必ず腰ベルトをしているのを知っていますか?

コルセットよりも頑丈な皮のベルトなのですが、それをすることで腰を守っています。

あともう一つ、腰ベルトをすることで重い重量が挙げられるのです。

これは重量上げの選手ではなくて、一般の人でも重い物を持ち上げる時にコルセットを締めて着けることで、いつもよりも重い物を持ち上げらます。

これは腹圧が掛かるからなのです。

腹圧とは、お腹に強い圧が掛がかる状態のことで、腰ベルトを締めて着けるとお腹が締まりますよね。

その時が、腹圧が掛かっている状態です。

お腹に圧力が掛かると、その圧力がお腹側から背骨を押して支えてくれるのです。

腹圧が高いと、重い物を持ち上げることも出来きて、腰の負担もこないのです。

なのでコルセットを着けることで、腹圧が腰を安定してくれます。

「それなら、コルセットは予防になるのでは?」

となるのですが、

重量上げの選手や、重量を何度も持ち上げる仕事の人ならば、もちろん腰痛予防になります。

でも普通のサラリーマンや主婦が少し物を持っただけで腰痛なるのは、全く違うものなのです。

普段の生活で、立っている、座っている、歩くなど寝ている以外はすべて腹圧が掛かっています。

でも腰痛になりやすい人は、この腹圧が弱くなっていることが多いです。

今、姿勢良く座ってみてください!

お腹が引っ込みませんか?

立ってる時に姿勢良く立ってみてください。

お腹が引っ込みませんか?

姿勢をかなり悪くして座ってみてください。

お腹が出ていませんか?

これが腹圧なのです。

いつもの姿勢の悪さが、腹圧を弱くしているのです。

その腹圧の弱さをコルセットでカバー出来ます。

コルセットをすると姿勢が良くなりますよね。

でもこれでいいのでしょうか?

腹圧は腹筋の力を利用することで出るのです。

コルセットをずっと着け続けていることで、良い姿勢をするための筋肉が弱くなっていく傾向があります。

コルセットは一時的に、腰を支える手助けはしてくれます。

でもずっと頼ってはいきません!

 

コルセットで腰痛予防するのではなく自分の筋肉でコルセットを

 

急にギックリ腰になったり、椎間板ヘルニアになったのなら一時的にコルセットを利用することは必要かもしれません。

コルセットが悪いわけではなく、使い方に問題があるのです。

コルセットを長期に日常生活で使用していることで、腹筋が弱くなり、新たな違う腰痛が発生してしまうことがあります。

でも腹圧が弱くなり姿勢が維持できない方が、いきなりコルセットを外すことはお薦めしません。

コルセットを外すのが不安なら無理して外さなくても大丈夫です。

コルセットを締めるのを少し緩くするだけでいいのです。

歩くときに、お腹を意識して歩いて下さい。

それだけでも腹圧を高めることが出来ます。

よく腹筋運動が腰にいいといいますが、間違った腹筋運動をすると逆に腰痛が悪化することがあります。

僕のお薦めは、お腹を思いっきり引っ込めて立つ、お腹を思いっきり引っ込めて座るを3分。

歩く時はお腹を意識する。

それだけで、お腹周りの筋肉が付いてコルセットの役目をしてくれます。

年齢は関係なく出来ます、やってみて下さい。

1ヶ月続けるだけでお腹に力が入り、姿勢は変わっていきますよ。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266