2019-11-19

座ったあとに腰が痛くなるその原因

座ったあとに腰が痛くなるその原因

 

「普段の生活の動きでは腰は痛くはないのに、座って立ち上がる時だけ腰が痛くなる」

そんな腰痛が続いている。

この様な腰痛の方は意外と多いのです。

座ったあとに腰が痛くなり、歩いたり動いたりしてると痛みはなくなりまた座ったあとに腰が痛くなる。

このくり返しが続くのです。

立ち上がりの時だけ腰が痛いので、「いつか治るのだろうと」そのまま放っておく方も多いです。

それが何ヶ月も続くと心配しませんか?

この様な腰痛の場合は病院で、検査をしても異常がないことが多いです。

なぜ異常がないのになかなか良くならないのでしょうか。

 

座ったあとに腰が痛くなるのは生活の習慣や癖が関係している

 

座ってあとに腰が痛くなるのは、腰の関節(椎間関節)と骨盤の関節(仙腸関節)の動きが、少なくなり固まってしまうのがほとんどの原因と考えられます。

関節の動きの少なさは、画像検査では異常は分かりません。

腰の関節と骨盤の関節の動きが悪くても、体は他の関節で補って動くなので運動や歩きなどで痛みはでないのです。

腰痛がひどくなるわけでもなく、座った後だけ痛いのでこのまま放っておいてもいいのでしょうか。

腰の関節が固まってしまう原因の9割以上は、生活習慣や体の癖が原因となっております。

日常生活での動きや姿勢の位置が悪くなって、体が片寄ることで動きが悪くなります。

「何かしてから痛くなる」「あれで痛めた」のでなく、日常生活で徐々に悪くなってくるので、この様な腰痛は慢性になって続くことが多いです。

なので「体のメンテナンスをした方がいいですよ」という体のサインで出ているので気づくことが大切です。

 

座ったあとの腰痛の改善方法とは

 

このような腰痛のかたで、腰のマッサージを受けたりはしていませんか?

「週二回、腰のマッサージをずっと受けてきたのに全然良くならない」という人がいました。

それは、腰の関節の動きが少ないからといって、腰をマッサージしても動きはつきません。

腰が固いかといって、強く腰を押してしまうと反発して余計に固くなることもあるのです。

腰の関節が固くなるのは、日常生活での姿勢や癖が原因なのでそこから改善していかないとなかなか良くなってはいきません。

その改善方法とは、その人の習慣や癖なので人によって違ってきます。

歩く習慣が全くない人なら、歩く運動をする事で変化があります。

普段、毎日ウォーキングをしているのに腰痛がでる方は、足首や股関節の歪みがあって体の重心位置が悪くなっていることが考えられます。

この間、来られたお客さんは首の手術をしてしばらくしてから、座ったあとに腰が痛く出る様になったと言います。

これは手術をして、首の筋膜が引っ張られて腰の動きまで悪くなっていることが考えられます。

腰のマッサージや腰のストレッチを続けても改善はしにくいのです。

この方は80歳で、首を手術しているのでもちろん首を押したり揉んだりはしません。

首を柔らかくする為に、腕や手の歪みを取っていきました。

このことで首の動きがつき、腰の関節の可動域も広がりました。

座ったあとの腰痛も少なくってきたと言います。

腰の動きがついてくれば、改善はしていくのです。

この様に人によって様々な改善方法がありますが、まずは普段での生活習慣や姿勢を見直すことを始めて下さい。

痛みは大切なメッセージなので、そこで放っておくことはしないで下さい。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266