痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。佐倉市の腰痛専門整体院ぱんだ整体院。予約は043-463-6266
2017-11-30

腰が痛くなったとき、治療はどこがいい?

腰が痛くなったとき、治療はどこがいい?

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。
急に腰が痛くなった場合、「腰の治療はまず、どこにいけばいいの?」
と思いませんか?
そこで今日は、あなたがそんな疑問を持った腰痛治療に対してお答えします。

腰痛治療の前に、まず原因を探すことが必要

「急に腰が痛くなり、今まで経験しなかった初めての腰の痛み!」
もしあなたがそうなったら、不安ですよね。

まず、治療はどこにいきますか?
病院?整形外科?接骨院?それともマッサージ?整体にいきますか?
どこが腰の痛みを早く取ってくれるのでしょうか?
まず腰痛治療をするにあたって問題点があります。
それは、「今まで経験しなかった初めての腰の痛み」です。

私は25年間、腰痛患者を見続けている腰痛専門家ですが、年に何人かは病院の検査を先に進めることをしてます。
急に痛くなった腰痛の原因は80パーセント以上は、筋肉の問題で検査では「異常はない」と言われますが、後の20パーセントは椎間板ヘルニア・腰椎圧迫骨折・脊柱管狭窄症があり、それによって治療方法は変わります。

その中の数パーセントで腫瘍や内臓の病気で腰痛が出ていることがあります。別なケースでは、癌で腰痛が出ているのに自己診断で病院に行かず、対処が遅れることもあるのです。「今まで経験しない腰痛」は、まずは病院で検査をするのが正解です。

腰痛

原因によって治療方法は違うのです

あなたの腰痛の原因がもし、腰椎の圧迫骨折だったとしたら、テレビや雑誌の腰痛体操をやってしまうことで腰の痛みは強くなり、治るのが遅くなるのです。病院にいかないで、誤った自己診断をして、症状を悪化させてしまった患者さんを多く診てきました。

最近はインターネットでは、いろいろな情報があり、自分の腰痛について調べる方も多いと思います。でもそれが自分の腰痛にあてはまるのか判断するのは難しいのです。急に腰がいたくなって動けない「ギックリ腰」でも原因は筋肉の緊張から、ヘルニア、圧迫骨折とあるのです。

「この動けない腰の痛みを早くなんとかしたい」
と思いすぐに整体に来院しても、ヘルニアや圧迫骨折ならば、治るのに時間と通院回数はかかります。それに原因によって治療方法も違い、セルフケア、体操も変わるのです。「ひどい腰痛」「いつもと違う腰痛」は病院で検査をしたほうがいいのです。

経験ない腰痛は、治療前に内臓疾患まで調べる病院へ

接骨院や整体院では、表面的な検査は出来るのですが、内部の状態を把握するのは無理です。問診で内臓なのか骨なのかはある程度の予想はつきますが、どの場所なのかどんな病気かを知ることは出来ません。

「内臓の病気と腰痛が関係ある」なんて初めて知る人もいると思いますが、腰痛の数%の可能性で内臓疾患は意外とあるのです。

尿管結石、胆のう結石、膵臓や腎臓などの炎症や、子宮筋腫や子宮頚癌などでも腰痛が出ることがあります。そんな特別なケースですが、それを自己判断で済ませて、病院に行かずに家で湿布でごまかしていては治るのものも治りません。

まず病院へ行けば、レントゲン検査やCT 検査、MRI 検査それにより骨の状態や血管の状態、神経の状態を見ることができるのです。また、超音波エコー検査、血液検査などの精密機械による検査も受けることができ、場合によっては内科や産婦人科などの専門医師に診てもらうこともできるのです。

内蔵などの隠れた病気による危険な腰痛の可能性などを考えると、とりあえず病院で診てもらうほうがいいのです。

今なら特別価格でお試しいただけます!ぱんだ整体院 お試しキャンペーン

お申し込み・お問い合わせは今すぐこちらから
電話043(463)6266

メールでのお問い合わせはこちらから

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐお試しキャンペーンを