佐倉市の腰痛専門整体院、ぱんだ整体院。 痛みや不調を根本から改善したい方、土日も営業、予約優先(当日予約も歓迎)。予約は043-463-6266
2017-12-01

腰痛を自分で改善する方法は?

腰痛を自分で改善する方法は?

あなたを毎日悩ませる腰痛。
「どうにかしてこの痛みを和らげたり、予防する方法はありますか?」

こんにちは、ぱんだ整体院の安井です。
今日は、腰痛改善方法についてそんな質問にお答えします。

腰痛を改善するには筋トレがイイ?

よくテレビや雑誌などで腰痛改善方法が取り上げられていますよね。
今はインターネットやYouTube で腰痛の改善方法が簡単に調べられます。
ですが、人によって腰痛の原因は様々なので、その腰痛体操があなたに当てはまるかは意外と難しいのです。

私の治療院に初診の方が、「腰痛に腹筋と背筋を鍛えるといいと言われて、やったらよけい腰痛が強くなった」と言って来院される方がいます。
小学生からサッカーをやり続け、全国大会にも出るほどの強靱な腹筋と背筋があるのに、腰痛がずっと出ていた中学生の患者さんもいます。

あれ?
よく言われている、「腹筋と背筋を鍛えればそれがコルセットの役割をして、腰を守ってくれて腰痛にはならない」は聞いたことかありませんか?

残念ながら、体を鍛えているスポーツ選手でも、腰痛を持ってる方は意外と多いのです。そう考えると、筋トレして体を鍛えていくのが腰痛改善になるとは言えません。それどころか、無理な筋トレによって腰痛が悪化することは多々あるのです。

腰痛

腰痛を改善するにストレッチがイイ?

これもある例があります。
ある患者さんが「腰痛体操をやって2 週間でなくなりました!」というテレビを見て、頑張ってその体操をやり続けてたのです。そしたら腰痛が悪化して強く出てきたのです。

本人は腰痛が良くなるもんだと思い一生懸命やり続けたのになぜだと思いますか?腰痛の原因は人によって違うのです。

この方の場合は、伸びない筋肉を無理やり伸ばして腰の痛みが強く出てきたのです。
ストレッチとは関節と筋肉を柔軟性にすることを目指しています。骨と骨を備えているのが筋肉なのですが、硬く縮まってしまっている筋肉を無理やり引っ張ると、逆に緊張が出てしまうのです。

体を柔軟にするというのは体にとって良い方向なのですが、固くなってしまった筋肉を無理矢理引っ張るストレッチは、やわらかくなるどころか痛みが生じて固くなってしまいます。

「せっかく頑張ったのになぜ?」
こんなケースは意外とあるのです。
「テレビだから大丈夫!」「雑誌に書いてあるから本当!」と思い込んで無理やり頑張ったのが原因なのです。

自分で腰痛を改善していくには無理をしない

テレビでやってたから安心、安全とは限りません。
でも、テレビや雑誌で取り上げられてる体操は効果がないわけではありません。腰痛改善には筋トレもストレッチもやり方次第なのです。
大事なことは無理して痛みが生じたらそれをやらないことなのです。

腰痛がひどい患者さんの共通点は、「体の深部の筋肉が硬くなっている」ことをなのです。そこをやわらかくしないと筋トレやストレッチをしても痛みが生じやすくなります。深部の筋肉がやわらかくなると筋トレやストレッチをしても痛みを生じることはなくなります。

ぱんだ整体院では、体の深部の筋肉をやわらかくすることを最優先にしています。自分で深部の筋肉をやらかくすることは難しいのですが、まずは自分のできる範囲のことで体をゆるめていくことで深部の筋肉をやわらかくしていくことも可能です。

僕のおすすめの腰痛改善方法なのですが、「毎日、幅を広げて早歩きで歩く」ということです。それをすることで足首から骨盤、肩甲骨の動きが出てきて体の中の深部の筋肉が動いて緩んでいくのです。

ポイントは、肩の力を抜き、お腹の中のほうに力を軽く入れて歩くことです。そのことで、足から首までの連動の動きが起きて、体の中の筋肉が動き始めます。

まずは無理なストレッチや筋トレよりも「軽く体を動かすウォーキング」なども効果があるので始めてはいかがでしょうか。

今なら特別価格でお試しいただけます!ぱんだ整体院 お試しキャンペーン

お申し込み・お問い合わせは今すぐこちらから
電話043(463)6266

メールでのお問い合わせはこちらから

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ご予約はこちら 043-463-6266